不動産に投資するメリットとデメリット

日本には様々な問題がありますが、その中の一つに老後への不安があります。一昔前までは知念まで会社で仕事をしておけば老後は年金で悠々自適な生活がおくれていました。しかし現在はそういった状況は一変しています。高齢化社会によって社会保障費と医療費が今後一気に増加していくことが予想されています、もちろん高齢者の増加に伴い年金も増えるでしょう。一方、年金を支払う若い労働者は減少の一途をたどっていて、この均衡がいつ崩れてもおかしくありません。また、銀行に預金していても稀に見る低金利のため、お金はほとんど増えません。そのため、老後の資金は自分達で作ろうという動きが活発になっていて、資産運用する人が多くなっています。特に最近人気となっているのが不動産投資です、

不動産投資はメリットがたくさん

まずは不動産投資にはほかの資産運用年がってどのようなメリットがるのでしょうか。カビ式やFXはその時その時で価値が大きく変動します。売り時や買い時を見極めるための経験や勘がとても重要です。一方、不動産投資は基本的に入居者の家賃を得ることが収入源です。家賃というものは1か月や2か月で一気に変動するものではありません。大きな利益を得ることはできませんが、安定した収入が得られる、これは大きなメリットです。また、財産を相続する際にも大きなメリットを得る事が出来ます。現金で財産を渡すと、贈与税という税金がかなり大きくかかります。一方、そのお金でマンションなどを購入しておけば色々と税金が免除されるため、現金で譲渡するよりも税金をずっと安くする事が可能です。

デメリットについても知っておきましょう

まず、最大のデメリットとして、得られるのが物件を購入することになるため、お金がたくさんかかるという事です。株式やFXの場合、商品によっては数千円から始めることが出来ますが、物件は数千円で購入出来るものではありません。安い物件でも数百万円必要です。都心部のマンションになると一千万円は必用でしょう。さらに安い物件は入居者の面で不安があるので、結局それなりのまとまったお金が必要となります。また、短期間で利益を得たいという人にはあまり向いていない資産運用方法でもあります。株式などであれば数日程度で現金を得ることが出来ますが、マンションなどを経営する場合は入居者が決まってからも各種契約や引越までの期間などが必要なので、実際に現金を手にするまではかなりの時間が必要なのです。