不動産への投資のリスクとリターン

老後の事を考えて若い内からお金を貯めるのは良いことです。しかし、銀行などにお金を預けたままにしておくのは損をしていると言えます。日本の銀行は金利率が低く、100万円を1年預けていても200円程度の利子しか付きません。銀行にお金を預けるくらいなら、お金を使ってお金を稼いだ方が利口だと考えられます。この考え方は一般的に投資と言い、必ずお金を稼げる保証はありません。しかし、リスクを考慮しても、圧倒的なリターンを得られるのが最大の魅力です。また、可能な限りリスクを排除したり、トラブルを想定して備えたりすることはできます。投資先として優秀なのは、土地や建物の不動産です。購入した土地や建物は利用方法次第で不労所得を得られるようになります。また、土地や建物は自分の資産になるので、将来子供や孫に譲渡するといったことも考えられます。老後の事を考えて検討してみると良いです。

リターンで得られる収入はどの程度か?

不動産投資で得られるリターンは、何をするかで大きく変動します。例えば、土地を購入してもそのままでは何も生み出しません。簡単な整備をすれば駐車場として貸し出すことが出来ますし、大掛かりな設備を導入して無人のコインランドリーを開業することも出来ます。10台程度置ける月極駐車場なら、1ヶ月最大で5万円程度、コインランドリーは利用者が多い土地なら50万~70万円程度の収入が得られます。マンションやアパートなどの建物なら、賃貸形式で貸し出せば毎月家賃収入を得られます。マンションは部屋数が多く、満室に近い程高収入を得られます。これらの経営は地域の人口や周辺の立地条件で収入相場が変動します。基本的に東京などの大都市中心は相場が高く、都市から離れると相場が低くなります。

事前にリスクを想定して経営しよう

不動産投資のリスクは想定しておくことである程度対応することができます。土地や建物を購入する時は、基本的に金融機関の住宅ローンを利用してお金を借ります。お金を借りると返済の問題が浮上します。しっかり計画を立てて土地や建物の経営が出来ていれば、毎月収入が入ってきます。この収入を返済に充てて、早めに借金を返すと良いです。コインランドリーの経営なら、設備の初期費用を含めても3~5年で完済することができます。不動産を購入する時は、用意できる頭金と金融機関で借りられる金額が予算になります。しかし、予算を限界まで使うのはリスクが高いので避けた方が良いです。なるべく手頃な価格で収入を得られる経営を行いたいです。土地や建物は不要になったら売却して収入を得られます。時が経つと周辺の状況も変わって来るので、経営の退き時は考えておきたいです。