実際に不動産での投資を行っている方の声

不動産での投資を実際に行っている人の声を聞くと、まず物件選びの重要性を実感します。特に新築か中古物件かどちらを選ぶかが課題になります。新築は頭金を必要としませんし、サラリーマンでも購入しやすいことで人気があります。けれども長年保有を続ける人の意見を聞くと、次第に資金繰りが厳しくなるという声が聞こえてきます。これは賃貸需要の低下に伴う収益性の低下と、節税効果が薄れることが原因です。そのような点を考慮して物件購入を検討することが重要であると分かります。家賃収入でローン返済をなんとか済ませることができるような資金計画を立てることが必要というわけです。さらに節税効果に関する注意点にも耳を傾ける必要があります。節税効果は年々薄れていくので、返済に充てる予定ならば気をつけることが必要です。

節税効果に関する注意点について

不動産投資を行う上で知っておきたいのは、節税効果についてです。これは実際に運用している人の意見が参考になります。まずその仕組みについて知っておく必要があります。家賃収入を得るために経費を計上できるわけですが、それを確定申告によって所得と合算することができます。経費として認められているのは、まず支払っているローンの金利部分です。これは当初は返済金額に占める割合が非常に多いものです。そのために節税効果も高いというわけです。けれども次第に金利部分が少なくなることで、節税効果も薄れるというわけです。さらに建物の減価償却費も経費として計上できますが、設備に関しては15年でその効果がなくなります。このような点がローンの返済にどのような影響を与えるのかを知ることは大事です。

物件選びの重要性について知っておくこと

実際に不動産投資を行う人の意見で参考になるのは、どのような場所で物件を購入したのかということです。地方都市と人は都市部での物件にこだわっていることが分かります。というのは、地方と都市部とでは、人口が圧倒的に違うからです。もちろん都市部では賃貸物件の数も多く、ライバルとなる物件も増えることになります。けれども、そもそも物件を借りる人がいなければいくら工夫をしても家賃収入を得ることができないものです。都市部であれば、他の物件よりも魅力的となるように工夫をすることで賃借人をつけることができます。そして場所選びで重要なのが、周辺にはどのような賃貸需要があるのかということです。単身者かファミリー世帯か、どんなお店が多いのかなどによって判断できることが分かります。